薬剤師が公務員として働くには

公務員薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 薬剤師が公務員として働くには

薬剤師が公務員として働くには

薬剤師というと民間企業の調剤薬局やドラッグストア、病院などが主な職場となりますが、実は公務員として薬剤師の仕事をする事もできます。公務員の薬剤師の仕事は薬剤師と言っても様々な種類があります。各都道府県には薬務課という課があり、都道府県内に入ってくる医薬品を管理する仕事をしています。そこへ勤務するのがまず一つ目です。

二つ目に都道府県による運営の病院で仕事をするケースが挙げられます。病院内に調剤薬局があり、そこで薬剤師として勤務するという例です。こちらは職場が公的機関になりますが、仕事の内容としては通常の薬剤師と似た業務内容になります。三つ目に麻薬取締官という仕事もあります。こちらは薬物の乱用などを防ぐために設けられている職種で、麻薬の不正ルートの取り締まりなどを行います。また、医療に使われる事もある麻薬ですが、その場合、正規のルートを通じて流通しています。その流通ルートの管理を行う事もあります。

四つ目は食品衛生監視員という職種です。空港や港から様々な食品が輸入されていますが、中に危険な物などが入っていないかを管理する役割を担っています。食品に異常が無いか、検査を行ったり、微生物の検査をし、安全な形で食品が流通するための管理業務も行います。五つ目に検疫衛生業務があります。感染症が国内で広まらないように衛生管理業務を行う仕事です。

このように、ひと言で公務員薬剤師と言っても、幅広い仕事内容があり、また、単に調剤だけではない仕事も多くあります。そのため、仕事のやりがいといった面でも大きく、チャレンジしていきたいといった方にもおすすめの仕事と言えます。ただし、一般的な公務員と同じく、公務員になるための試験を受け、それに合格する必要があるため、薬剤師の資格の勉強に加えて、公務員試験の勉強もする必要があります。

上記のように、公務員の仕事はやりがいもありますが、多くの方が思い浮かべるメリットはやはり安定性という点です。公務員薬剤師に関してもそれは例外ではなく、休日もカレンダー通りに取れる事が多く、時間も定時を守られている事が多いです。そのため、働きやすいため、そうした面でも、試験に合格して公務員薬剤師として働く意味はあると言えます。また、公務員と民間企業、両方を検討している方は時間を取ってゆっくりと考えていきましょう。仕事探しに転職サイトを利用する方も多いと思いますが、転職サイトではこうした今後のキャリアでのサポートも行ってくれるため、利用してみるのもおすすめです。

公務員の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の公務員としての転職特集 All Rights Reserved.