公務員薬剤師のメリットとデメリット

公務員薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 公務員薬剤師のメリットとデメリット

公務員薬剤師のメリットとデメリット

薬剤師の国家資格をとるのも大変ですが、公務員薬剤師となるためにはさらに公務員試験に合格しなければいけません。決して楽な道ではないものの、公務員薬剤師を目指す薬学生や転職を考える薬剤師も多くいます。

公務員薬剤師の最大のメリットはやはり安定性です。確かに年収面を単純に比較してみると、製薬会社やドラックストアなどの管理職に就いている薬剤師にはおよびません。しかし一般企業と違い、公務員薬剤師の場合は病院側など雇用側の都合で簡単にクビにされることはありません。また給料やボーナスは国家公務員、地方公務員の規準で支給されます。毎年の昇給もあるので、生涯年収は一般企業や民間病院で働く薬剤師よりも高くなります。

薬剤師という職業自体が資格職業であるため、基本的にどの職場で働いても収入面は高く設定されています。それに加えて、公務員という安定性抜群の職業に就くわけですから強みになります。将来的にも年金、退職金も公務員として支給されますので大きなメリットとなります。

安定性を求めるならば、公務員薬剤師は最高の職業といえるかもしれませんが、薬剤師としての本来の業務をこなし、キャリアを積むことを考える薬剤師にとっては余り魅力的な環境ではないかもしれません。公務員であるゆえに、一定期間で異動になるのが普通です。現在は病院薬剤師として活躍していても、次の異動で保健所勤務になる可能性もあります。そうなると、自分がしたい仕事や希望する部署で働くことはできません。調剤薬局などに勤務して専門的な知識を深めたいと考えるのであれば、公務員薬剤師には向かないといえます。

公務員薬剤師の場合、安定性はありますが決して年収が高いわけではありません。地方公務員の場合、勤務する地域によりますが初年度の年収は約350万円程度です。20代後半や30代に入ると、周りの薬剤師たちは転職して年収アップを実現していることもあります。高収入を考えるのであれば、公務員薬剤師よりも製薬会社での勤務やエリアマネージャーなどに昇進することができるドラックストアなどでの勤務がおすすめです。

薬剤師という職業に何を求めるかにより、公務員薬剤師に向いているかがわかるでしょう。一つの職業と割り切って安定性を求めるのであれば、メリットを十分に活用して勤務することができます。逆に安定性よりも医療現場で活躍することを目指す薬剤師であれば、保健所勤務などへの異動もあるため民間病院などでの勤務がおすすめです。

公務員の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の公務員としての転職特集 All Rights Reserved.