公務員薬剤師が民間の薬局に転職は可能?

公務員薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 公務員薬剤師が民間の薬局に転職は可能?

公務員薬剤師が民間の薬局に転職は可能?

公務員薬剤師にとっての最大のメリットは安定性です。景気に左右されることなく、毎月の給与やボーナスを受け取ることができ、退職金も他の職場の薬剤師に比べるならばかなりの高額になります。しかし、公務員の場合は薬剤師が本来行う調剤業務や服薬指導などを行えないこともあります。国公立病院で働くことができれば、薬剤師としての業務もありますが数年単位で異動になることが多いのも公務員です。

薬剤師としての業務を行いたいという理由ゆえに転職を考える公務員薬剤師も少なくありません。しかしその際に不安要素になるのは安定性です。転職することで公務員という職業からくる身分の保障や信用もなくなってしまいます。転職する際には、それらを犠牲にしても仕事からのやりがいや薬剤師としてのスキルアップを叶えたいか、比較検討することが大切です。

転職先の有力候補としては、調剤薬局があります。薬剤師不足が続くため、地方都市に限らず都心部でも求人募集をしている調剤薬局は多く見つかります。地方都市の調剤薬局に勤めるならば、比較的収入も期待することができます。年収約600万円前後が調剤薬局で働く薬剤師の相場になります。東京や大阪などの大都市圏になると、薬剤師の人数も他の地域に比べて多いため収入面で妥協する必要がありますが、求人募集を見つけるのはそれほど難しくはありません。

スキルアップや認定薬剤師として活躍することを考えるならば、大手調剤薬局に転職することもできます。中小規模の調剤薬局よりも最新の調剤機器が揃っていますし、しっかりとした研修体制も整っているので、医療現場から離れて調剤業務などにブランクがある場合でも最新の医学や薬学について学びながら仕事に就くことができます。また今後の必要が注目されている在宅医療に積極的に取り組んでいる調剤薬局もあります。一定期間の実務経験があり、研修会などに参加することによって取得することができる在宅薬剤師の資格を取ることで、必要とされる環境で働くことができます。

公務員薬剤師の場合は勤務時間や休日なども規則的で生活リズムも崩さずに勤務することができました。しかし調剤薬局で働く場合は時期によっては残業時間が多かったり、土日に休むのが難しかったりする場合もあります。こうしたデメリットになる部分もしっかりと理解したうえで公務員薬剤師から転職するなら、失敗することなく薬剤師としてのやりがいを感じながら働くことができます。

公務員の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の公務員としての転職特集 All Rights Reserved.