公務員薬剤師の平均給料

公務員薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 公務員薬剤師の平均給料

公務員薬剤師の平均給料

公務員として薬剤師の仕事をする場合に気になるポイントとして、給料を挙げる方はやはり多いです。薬剤師は一般的に専門性も高く、一般職と比較して給料が高めの水準になる事が多いですが、公務員の場合はどうかというと、実は、公務員の中の行政職と呼ばれる専門的な職種でない職種の方が収入としては高くなる傾向にあるのです。一般企業の場合と逆になっているのです。

初任給で言うと、4年制薬剤師で月給20万円ほど、6年制薬剤師で22万円ほどとなっており、一般の民間企業の薬剤師の初任給は25万円を超える所も多い中、この月収は低めの水準と言えるでしょう。一般に収入が高く安定しやすいと言われる薬剤師ですが、これには理由があります。

公務員は元々国の職員として働く人の事なので、管理職の立場を見据えた仕事が必要になってきます。そう考えた時に薬剤師の仕事は、その専門性が逆にマイナスになってしまうという面があるのです。専門性が高いという事は管理職ではなく、プレーヤーとして仕事をする立場になるので、長く指示をされる立場の人になりやすいのです。行政職の方は管理職になっていくため収入も伸びていくため、給料を考えて公務員として働いていくなら行政職の方が良いのです。

では薬剤師の公務員の方の多くはどうしているかというと、途中から行政職の方面に移っていく方も多くなっています。管理職にはあまりなりたくなく、安定して働きたいという方には公務員薬剤師が向いていると言えるでしょう。民間企業の薬剤師も安定しやすい職場も多いため、合わせて検討するのはおすすめとも言えます。ただし、公務員薬剤師の待遇があまり良くない現状は、公務員薬剤師の将来を考えるとあまり良くない状況と言えます。そのため、今後は改善される可能性もあるかもしれませんが、不確定な部分も多く、選択肢として考えるには慎重になるべき所と言えるでしょう。

これから公務員を検討していくという方は、民間企業と合わせて公務員薬剤師を視野に入れていく事をおすすめします。民間企業にも良い求人は多くあるため、一度見てみるのも良いでしょう。転職サイトに登録すると、様々な求人をチェックできますし、担当のアドバイザーの方が付くため、その方に相談をしてみる事もできます。公務員と民間の薬剤師、両方を検討しているという希望を伝えれば、それに合わせた最適な提案をしてくれて、今後のキャリアについて一緒に考えてくれます。

公務員の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の公務員としての転職特集 All Rights Reserved.