公務員薬剤師の場合の退職金相場

公務員薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 公務員薬剤師の場合の退職金相場

公務員薬剤師の場合の退職金相場

薬剤師も勤務先、勤続年数などにより受け取る事の出来る退職金の金額が大きく異なります。やはりここでも安定性があるのは公務員薬剤師です。月々の収入は一般企業やドラックストアで働く薬剤師におよびませんが、退職金を加えて考える生涯年収はかなり高くなります。他の職場で働く薬剤師に比べると公務員薬剤師の退職金相場とは幾ら位でしょうか。

退職金は現在の職を退職する際に企業側から払われるお金を指します。日本の法律上、企業が退職金を支払う義務は定められていませんが、退職後の生活基盤のために日本企業では退職金制度が普及しているのが現状です。基本的に、勤続年数が長い方が退職金は高くなります。しかし一般企業や民間病院で働く薬剤師の場合は様々な理由ゆえに転職を繰り返すことが多いです。そのため、薬剤師として長年働いていても退職金がほとんどない場合も少なくありません。

では公務員薬剤師の退職金の相場は幾ら位でしょうか。公務員薬剤師にも国家公務員と地方公務員の2種類があります。ほとんどの薬剤師は地方公務員試験を受け、地方自治体が運営する国立・公立病院や保険所などで働くことになります。初任給や年収は他の職場で働く薬剤師に比べると低いですが、勤続年数35年で退職金は約1000万円以上支払わるのが相場です。公務員薬剤師の場合は異動があるので、病院勤務だけとは限りませんが長く続けるだけの価値が十分にある退職金を受け取ることができます。

民間病院で働く薬剤師の場合、退職金は約800万円程度が相場です。民間の場合は公務員と異なり、病院の規模や経営者側の指針によっても大きく差がでる傾向があります。調剤薬局の場合、公務員薬剤師のように勤続年数が長くなることも余りないかもしれません。勤続年数5年で50万円程度と言われています。仮に公務員と同じように勤続年数が35年であっても、退職金は約500万円程度と言われています。こう考えると、公務員薬剤師の退職金が他の職場で働く薬剤師に比べて非常に恵まれていることがわかります。

ここ数年は不景気が続いている影響で、一般企業の中には勤続年数が長い薬剤師でもほとんど退職金が支給されないというケースもあります。公務員薬剤師は収入が特段高いわけではありませんが、安定性がメリットになっています。同じように退職金に関しても、公務員ゆえに景気に左右されずに受け取ることができます。退職後も安定した生活を送ることを希望するならば、やはり公務員薬剤師がむいているでしょう。

公務員の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の公務員としての転職特集 All Rights Reserved.