麻薬取締官の求人

公務員薬剤師求人TOP >> 採用情報 >> 麻薬取締官の求人

麻薬取締官の求人

麻薬取締官の求人は一般的な転職サイトなどには出ておらず、厚生労働省の麻薬取締部が行っている試験に合格するとなる事ができます。試験は誰でも応募ができるわけではなく、二つのパターンに分かれます。一つが、国家公務員試験の一般職試験の指定科目に合格している事です。もう一つが、薬剤師資格を持っており、29歳以下である事です。麻薬取締官や薬や医療に関する知識が必要になってくる場面も多いため、薬剤師は適任の職なのです。麻薬取締官の約半分の職員が薬剤師の資格を持っています。

麻薬取締官と聞くと、危険な仕事のイメージを持つ方もいますが、警察のように、不正の取り締まる仕事を行います。麻薬はご存知のように、違法に出回る事が多く、犯罪の大きな元にもなっています。また、麻薬は一方で病院などで医療の一環として使われる事もあります。モルヒネなどがその一例ですが、そうした適切な麻薬の使われ方をする際は、正規ルートと呼ばれる流通ルートを経由して、流通がされています。その検査や監視を行い、不正に利用されている事がないかもチェックしています。

また、麻薬取締官はその仕事の内容から、公務員という立場ですが、特別司法警察官という権限があり、拳銃を持ったり、逮捕などの警察官と同様の事を行う事も認められているという、特殊な仕事です。現在仕事をしているのは260名ほどとなっており、採用人数も毎年数名と、かなり狭き門となっています。

国家公務員という立場になりますが、国家公務員の試験を受けなくても、薬剤師の方はその仕事に就くための試験に応募ができるのは、一つのメリットと言えます。国家公務員としての給与体系や待遇となるため、その収入は比較的高めの水準になっています。また、毎年の昇給もしやすくなっているため、収入、待遇といった面でも良いといます。やりがいのある仕事と共に、それに見合った収入を得る事ができ、国家公務員という安定した立場のため、長く仕事もしていきやすい仕事です。

麻薬取締官の仕事はこのような条件面でも良い職業ではありますが、やはり倫理観が大きく問われる職業とも言えます。自分自身が仕事に誇りを持って取り組まないと、危険な状況と向き合う場合もあるため、緊張感を伴う時もあるでしょう。また、取り締まりされていても、麻薬を利用してしまい、中毒になってしまったり、トラブルに巻き込まれるという方は後を絶ちません。それを改善していくためにも、麻薬取締官は大きな役割を担っています。

公務員の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の公務員としての転職特集 All Rights Reserved.