保健所の求人

公務員薬剤師求人TOP >> 採用情報 >> 保健所の求人

保健所の求人

保健所の薬剤師の求人は公務員になる事で就く事ができます。保健所での薬剤師の仕事は通常の調剤の仕事とは異なる点も多くなっています。具体的には、薬局や病院を新たに開業をしたいという方や業者に、開業の許可を出します。食品関係の仕事もあります。食品は細菌などで食中毒を引き起こしてしまう事もあるため、その衛生監視業務も薬剤師の仕事となります。また、環境に関しての仕事もあります。環境も同じく、水などの分析を行い、微生物や有害な物質などが含まれていないかを検査する業務があります。衛生関連の業務は特に多く、近年増えている仕事です。

また、通常の薬剤師は薬局などの決まった場所で働きますが、保健所の薬剤師の場合は巡回の仕事もあり、ドラッグストアなどの医薬品を取り扱っている店舗に出向き、その管理や取り扱いがきちんとされているかを点検するという仕事もあります。もし適切な管理がされていない場合は指導が入り、改善を促します。

献血の仕事もあります。献血というと看護師の仕事のイメージもある方もいると思いますが、薬剤師も献血の推進運動を手伝う業務もあります。これは薬剤師の業務というよりも保健所の仕事で、献血への協力を促すのは薬剤師にもできるため、行う必要があるのです。そのため、薬剤師として他の職場とは少し違った経験を積める職場となっています。

残業も少なく、休日もカレンダー通りに取れる事が多いため、働きやすい職場と言えますが、実は希望すれば必ず就けるという訳ではありません。保健所の仕事は公務員になる事で行う事ができますが、保健所の他にも公的な病院など、薬剤師の仕事は幅広くあります。配属はその中から上司の方が振り分けて決めるため、希望を考慮される場合もありますが、必ずとは言えません。他の職も転職サイトなども利用して求人をチェックし、興味のあるものを見つけておくと良いでしょう。

公務員になるためには公務員試験を受ける必要がありますが、最近は公務員の人気も高く、倍率も高くなっています。試験に向けて勉強は力を入れて行う必要があります。試験は年に1度のため、落ちてしまうとまた来年になってしまうので、覚悟を決めて取り組みましょう。試験には3種類あり、一般的な教養や論理的な思考能力を問われる筆記試験と、薬剤師としての専門的な知識を問われる問題、そして面接です。3つの試験で点数が付けられ、合否が決まるという流れになっています。

公務員の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の公務員としての転職特集 All Rights Reserved.