環境衛生の求人

公務員薬剤師求人TOP >> 採用情報 >> 環境衛生の求人

環境衛生の求人

環境衛生の仕事は薬剤師の資格を持っているだけでなく、公務員の試験に合格する必要があります。地方公務員の試験を合格すればなる事が可能で、一般的な転職サイトには求人が出ていないため注意しておきましょう。また、地方公務員には年齢制限もあるため、その点も注意が必要です。多くの都道府県では30〜40歳で年齢制限が設けられていますが、薬剤師の資格を持っていない場合、20代の半ばから大学で勉強し始めたとしても、最低でも6年はかかります。大学の薬学部は6年制のため、最低でもそれだけかかるのです。そこからさらに公務員としての勉強も必要なため、20代も半ばや後半に差し掛かっている方は年齢もよく確認しておきましょう。

公務員試験は3種類に分かれており、教養試験、専門試験、人物試験という3種類になっています。教養試験はさらに二つに分かれており、一般知能分野と、一般知識分野という分野に分かれます。一般知能分野は論理的、数学的に考えられる力を見られ、一般知識分野では、幅広い知識を問われます。どちらも対策のための勉強を行っておかないと、解くのが難しいため、書籍などでの勉強が必要です。また、次の専門試験は薬剤師としての専門的知識が問われます。環境衛生に即した問題が出題され、選択式もありますが、記述で回答をしなければならない問題もあるため、こちらも対策が必要です。筆記試験は全て合わせて、合格のボーダーラインは6割とも言われています。一見低いようにも思われますが、難しい問題も出題されるため、勉強をしないと高いハードルです。

最後に面接ですが、筆記試験も大切ですが、面接もとても大切です。特に公務員の場合は一度採用すると、退職させるのが難しいため、人物評価は慎重に行われます。そのため、面接対策もついても受け答えはスムーズにできるか、よく聞かれる質問に対しての回答も準備しておくなどの事が必要です。

環境衛生の仕事は学校が主な職場となります。学校でも理科の授業などで薬品を使う事もありますし、保健室では医薬品が常備され、体調が悪くなった生徒のために使われたりします。こうした時に保健の先生という保健師の方もいますが、薬剤師も仕事をする事ができ、医薬品や薬品の管理方法やその指導、また、給食やプールなどの衛生についても指摘や改善を図るなどの業務を行います。また、薬物乱用についても学生のころから注意を促す事で、将来の乱用の防止を推進します。

公務員の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の公務員としての転職特集 All Rights Reserved.