薬事衛生の求人

公務員薬剤師求人TOP >> 採用情報 >> 薬事衛生の求人

薬事衛生の求人

薬事衛生とは、医薬品の適切な管理を行う事を指します。医薬品はその使い方によっては重大なトラブルに繋がってしまう事もあり、取り扱いには十分注意が必要な物です。医薬品が患者さんなど、最終的に服用する方の口に入るまでには、様々なプロセスがあります。その一つ一つのプロセスを適切に管理していくのが薬事衛生なのです。

薬事衛生の求人には大きく分けると二種類あります。一つが民間企業での求人、もう一つが公務員として公的機関で仕事をするという場合です。両方とも特徴があるため、あなたに合った職場を選ぶ事がポイントです。民間企業で薬事衛生の仕事をする場合は、医薬品を取り扱っているメーカーや商社、ドラッグストアなどが主な職場です。MSと呼ばれる仕事もそれに当てはまりますが、医薬品を取引先にスムーズに提供していく仕事を行います。

公的機関での仕事の場合は流通よりも管理業務がメインとなります。医薬品を製造している施設や薬局などを監視して、不適切な点があれば指導を行います。麻薬なども不適切な使用がないように防止運動を行うなどの活動も行っています。また、医薬品と合わせて食品に関する業務も行います。こちらも食中毒を防止するための啓発運動などを行ったり、飲食店や食品を製造している企業の監視業務を行います。

いずれも薬剤師の一般的な仕事である調剤の仕事とは少し違った仕事ができるため、やりがいの面でも大きいと言えます。民間企業で薬事衛生の仕事をする場合は、転職サイトで求人を見つける事ができます。比較的求人は多くあるため、興味のあるものに応募していくと良いでしょう。薬剤師の待遇は比較的高い水準になっており、安定して働きやすい職場も多くあります。また、チャレンジしていける仕事もあります。

公的機関で薬事衛生の仕事を行う場合は公務員試験に合格する必要があります。公務員試験は筆記試験が教養を問われるものと薬剤師の専門性を問われるもので2種類、後は面接となっています。公務員は最近人気のため、倍率も高くなっており、とても狭き門となっています。試験は年に1度のため、失敗するともう1年後になってしまうため、しっかりと覚悟を決めて取り組む事をおすすめします。また、公務員の薬剤師になった後、配属が決められ、そこで薬事衛生の業務を行える職場に就く事で仕事ができるようになりますが、他の職場へ配属される場合もあるため、希望の職場はいくつか検討しておく事がおすすめです。

公務員の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の公務員としての転職特集 All Rights Reserved.